木島 櫻谷邸

秋晴れの気持ち良い日。
「秋の特別拝観」や様々な催しがある中で、今日は北区等持院近くの「木島 櫻谷邸」見学に行ってきました。
a0197078_18594370.jpg

長らく結構近所にいるのに、知らない場所がまだたくさんあります。
ここの存在を知ったのは、今年「京都市文化財マネージャー」講座に入っていたからでした。

木島櫻谷は、明治末~昭和初期にかけて京都画壇で活躍した日本画家だそうですが、その存在さえも知りませんでした。ライバル竹内栖鳳は、今でも有名なのに。

もとは2000坪あったという広大な敷地に、日本家屋、洋館、80帖ほどもあるアトリエが建っています。
こんな一枚物の床板、現在では手に入らないな~、蕨の襖絵が可愛らしいな~、など思いましたが、全体の印象はおとなしく、優しく、櫻谷の人柄が表れているようでした。
お酒も飲まなかったらしいし・・・・。

東京の朝倉摂記念館になると、もっと激しく大胆な、普通の民家とは一風異なった建物ですが、櫻谷邸はそういう意味では常識的です。
建物は主人の人柄を映すものですね。

季節も良いので、みなさまも一度足を運んでみては如何でしょうか。
[PR]



by 66nobnob | 2013-11-02 19:22 | 建築