銀平さん

雨のそぼ降る中、表千家不審庵を見学させていただいた。
照明の無いお茶室の中は障子から入る日差しも少なく、暗がりの見学になってしまったが、
雨の匂いに包まれるお茶席もまた情趣なのだろう、と一人合点。

見学の凝縮された時を終え、不審庵を後にし、
頭を冷ますような熱いコーヒーが飲みたいなあ、と大宮今出川上る「透現境」
というカフェに入る。
a0197078_9205190.jpg

30代くらいの男性マスターが営む、懐かしさと新しさが溶け合った静かなお店です。
入るのは、今日で2回目。

「ブレンド、深煎りください!」今は、苦めの濃いコーヒーが欲しい。
不審庵でいただいた解説書を、コーヒーと共にゆっくりと読みましょう・・・と
していたら、
a0197078_9284872.jpg


お店の猫さんが、しずしずとやってきて、私の膝の上で眠り始める。
シルバーの綺麗な猫ですが、私は本が読めない事態。ま、いいか。
そのうち膝を離れ、私に寄り添ってまたもやスヤスヤ。
こんなに猫に好かれた?のは初めてです。

「キレイで人なつっこいですね。なんていう猫ですか?」
「銀平です。」
猫の種類を訊ねたつもりだったのですが・・・。
銀平さん、なのですね。オスね。
[PR]



by 66nobnob | 2012-03-19 09:38 | お店