振袖

お正月過ぎて、先週は姪っ子の成人式。
年末年始から続く「物入り」の日々が続く!

「9時半に○○に晴着姿見に来て!」と言われ、おばちゃんとしては
いそいそと出向く。うぅっ、こういうのってとても楽しい。

着るのは約30年前、姉の成人式の時に作った振袖。
帯も草履も、全てその時のもの。
a0197078_8505885.jpg

最近はレンタル着物が多いそうなので、自前というだけマシ?
今の若者は、つましいものだ。

20歳のピチピチの肌に、ピンクの振袖、朝から眩しい~!
ジジババ、親、オバ、大はしゃぎです。

それにしても、30年前のものとは思えない。
色褪せず、美しい着物。

私は成人式当時、振袖には関心無く、というよりむしろ嫌で、
しかもピンク色なんて小っぱすかしいもの着れません!というのに、
母親に「着てくれ」と頼み込まれて着たのだが、今こうしてその振袖を目の当たりに見れば、
自分にもこんなピンク色に腕を通せた時期があったのだなあ、と
嬉しくなる、はるか彼方。

この振袖、次に着てくれる人は出来るでしょうか・・・。
[PR]



by 66nobnob | 2012-01-17 09:16 | 現代風俗