市役所 喫煙場所

年末も押し迫ってきましたが、景観申請のことで年内に調べておきたいことがあるので
京都市役所に出向きました。
市役所に着いて、いつも一杯の自転車置き場にバイクを停めました。

前から歩いてきた男性職員二人連れが、階段下のような片隅に入っていく。
あらまあ、こんな場所に、殺風景なパーテーションで囲われた喫煙場所が出来ている。
a0197078_15283624.jpg

現在はどこに行っても、喫煙者は虐げられたような場所に隔離される運命にある。

カフェに行けば、ガラスで仕切られたカゴ部屋に入れられるし、
館内オール禁煙ホテルが増えているし、
空港に行けば、世界中の喫煙者が肩をすくめて小さな灰皿を囲む風景だし(関空のは割としっかりした喫煙サロンだったけど)・・・。

現代風俗研究会の一員として、この市役所の喫煙場所の風俗を確かめておきたいと思います!

ドアを開けると、いきなりタバコの煙が一気に押し寄せる。いくら私でもゲホゲホ。
10数名、多くは男性、混じって女性。みな、無言。
お互いに、視線を合わさないようにして、機械的にスーハースーハーしている。
この暗黙の了解事項。
みな「健康への害が明白なものを止められない愚かなダメ人間」と「非効率でダラしない勤務態度」の責めを受けているのです。
あ~あ~つまらない世の中であることよ・・・。

喫煙場所を出たところに、なぜか古~い鳥かごが捨ててありました。
a0197078_1554145.jpg


[PR]



by 66nobnob | 2011-12-28 15:56 | 現代風俗