志津屋のサンドィッチ

志津屋のパンが好き。また食べ物ネタになってしまう。
特にサンドイッチが好き。カルネ、ジャンボサンド大好き。

河原町界隈に出かける時、私は丸太町通りから京都バスに乗っていました。
帰りは、三条河原町上るのバス亭から乗ります。そのバス亭の手前に「志津屋」があります。
母親と高島屋や富美屋(四条河原町上るのオーム社?の地下にあった麺類&甘味屋さん)に行ったあと、留守番の父親へのお土産は、志津屋のサンドイッチでした。

2階はレストランになっていて、セットメニューやパフェがあり、楽しいお店でした。
そのメニューのなかで、最もお気に入りは「オープンサンドセット」。
ドリブル(フランスパンのコロッとしたパン、志津屋の定番)の切ったのに、ハンバーグや卵料理が載ったりしています。
美味しいのです!とても美味しいのです!ただ、それを、ナイフ&フォークで食べる難しさといったら!人前で食べるのが恥ずかしいほど、とんでもなく食べにくい!
これを、美しく食べることが出来るようになれば、どんな外食メニューも怖くないぞ。

中学、高校、河原町界隈に一人で出かけたりするごとに、私は「オープンサンドセット」に挑戦し続けました。随分と、食べ方は上手くなったと思います。
その後、2階のレストランは、時代の流れでなくなってしまいました。

ところが!今になって、またレストランが始まりました。
メニューは変わっています。でも、サンドイッチがメイン。
懐かしくて、入りました。
a0197078_19575148.jpg

美味しい。相変わらず美味しい。
そして、食べにくい!とても食べにくい!
中身が出ていく!もとからはみ出ている!

変わらなくて、とても嬉しくなりました。
また挑戦しよう。
[PR]



# by 66nobnob | 2011-07-24 20:00 | お店

白髪

鏡の前で、ドライヤーしながら前髪をかき分けると、細く光るものが。
ああ、私にもようやく「白髪」なるものが出て来たか!

この年になって白髪が混じってないと、まるで苦労してない人ね、とか思われているような。
だからといって、「わたし、苦労してます!」とか大きな声で言えないし、「そんな苦労は苦労のうちに入らない」ということかもしれないし、苦労と白髪は比例するかも定かでないし。
ただ、あまりに黒々とした髪の毛が、だんだん気恥しくなっては来るのです。

首はシワシワで、髪の毛真っ黒みたいなのは、イヤです。そうはなりたくない。

「え~、30代かと思った~、お若いですね~」(って言われてないけど)
「いえいえ40ウン年生きて、少々ほころびもございます。ほらここにも白髪が・・・」
と、堂々と言える!

でも、見つけると抜きたくなるのは、なぜ?
自分で、自分の深層心理がわからなくなってきます。
なぜ?
[PR]



# by 66nobnob | 2011-07-14 23:11 | 日々

空がまぶしい

a0197078_14441715.jpg

あ、頭が痛い。
き、気分悪い。
そ、空がまぶしい。
久しぶりの朝までコース。
う~・・・・・眠い。
[PR]



# by 66nobnob | 2011-07-10 14:49 | 日々

久しぶりの大阪モーニング

昨日は、大阪・梅田スカイビルでの講習会に行ってきました。
講習会は午前10時から。
やった~!久しぶりに、大阪出勤前モーニングを食べる機会だ!

何も隠しませんが、私は喫茶店モーニング大好き。
モーニングメニューもさることながら、あの、出勤前の雰囲気、
モーニングを食べながら、ゆっくりと新聞に目を通す時間。
隣には、スポーツ新聞片手のサラリーマン達。いいですね~!

そのモーニングタイムを満喫するためには、午前8時45分には梅田に着いておきたい。
そのためには、家を7時半には出なければ。そのためには、6時半には起きなければ。
モーニングのための「段取り」で、頭が一杯です!

で、つつがなく、予定通り梅田駅に着きまして、
「本日のモーニング」に選びましたのは、これ!
a0197078_10241068.jpg

黄金のモーニングメニュー。
トースト(色々な切り方があるんですよねー)、ゆで卵、サラダ、コーヒーで¥480-、新聞紙多数。

二人掛け席に、一人客男性サラリーマンばかり。
昔ながらの「オシャレではない」感じの、駅構内の喫茶店。
おっちゃん店長と、アルバイトの若い女性店員。

10年前なら、これが¥400-であったんだけどな~。
[PR]



# by 66nobnob | 2011-07-02 10:46 | 現代風俗

枇杷

a0197078_1381817.jpg

一昨日から、暑い、モーレツに暑い!
でも、まだ6月だし、部屋で一人で居る時にエアコン入れるのも
ためらわれるし・・・。

頭痛がし始めた。
胃腸も調子悪い。

ああ、先日N君が「いただきものですが・・・」といって持ってきてくれた
「枇杷」を食べてみよう。

「枇杷」の、時期も味も忘れていた。
薄甘い、鄙びた甘さとみずみずしさと、柔らかな橙色、大きな種。

少し体温が下がった気がします。
[PR]



# by 66nobnob | 2011-06-23 13:20 | 日々

真夜中に

夢の中をさまよって、ふと意識が目覚めて、
車が走るエンジン音や、人の笑いさざめく声が聞こえるから、
もう明け方かなあ・・・と起きたら、
まだ午前2時半。

10年前なら、飲みに行ったり、仕事で夜明かしは、
珍しくなかったけど、
10年経って、その日中に寝るのが日課になってみると、
「午前2時半」は、未知の時間で、
つい、ブログを書いてしまった。

また少し眠気が襲ってきたようで、おやすみなさい。
[PR]



# by 66nobnob | 2011-06-18 03:32 | 日々

ぷかぷか飛行船!

天気の悪かった日曜日、姉の家に向かって歩いていると、
前方の空に飛行船が!
a0197078_1734373.jpg

久しぶりに見ました。条件反射のように、ワクワクしてしまいますね。
ふわふわ、ぷかぷか、北から南へ進路を取っているもよう。

胴体の部分に何か文字が書いてあるのですが、文字が見えな~い!
「シニア眼」になってきて、かつ、天気が悪いので、余計に見えづらい!
せっかくの飛行船広告も台無しです。飛ばした方は、残念でしたね。
でも、飛行船を見ただけで、私は満足です。

そういえば、アドバルーンは、ついぞ見ないなあ。
誰か飛ばしてくれないかなあ。
[PR]



# by 66nobnob | 2011-06-17 17:14 | 現代風俗

読書のひととき

本好きです。が、今はあまり読書の時間はありません。
せいぜい寝る前の30分が、あるか無いか。
今日途中まで読んで、次はいつ読むかわからないので、
長編は読みません。
今は篠田鉱造「明治百話」を読み返しています。
新聞記者だった篠田鉱造が、同時代の人に「明治」という時代の
事件やエピソードを聞き書きした作品です。
区切りが短いので、いつでもちょっとした時間に読めるし、
比較的近い時代の、あまりにも現代感覚とは違う、また共通の感覚が面白いです。

そして、以前のようには小説というジャンルを読まなくなりました。
読みたくない訳ではない。
本に求める内容が変わったのでしょう。

あ~、どーでもいいから、気が趣くまま、読書三昧したいな~!
a0197078_20124315.jpg

[PR]



# by 66nobnob | 2011-06-12 20:13 | 日々

再会

暑い日です。梅雨の晴れ間で、湿度も高い。
「同窓会」本番の日。「着物を着る日」。オオゲサです。

アセアセアセと、センチュリーホテルに到着。
幹事は4時集合。幹事連は早くも勢揃い、気合い入ってるなあ。
「着物似合ってんで~」とお世辞を受けてはしゃぎ気味の私!

徐々に、30年前の15才達がやって来る。
横に大きくなった人、すぼまった人、ちょっとシワが増え、髪も白くなり、あるいは薄くなり、貫禄が出来、人間が丸くなり・・・・・そんな現在の姿の内側から、30年前の彼・彼女が浮かび上がって来ます!
名札を見なくても、不思議に記憶の彼方から名前が甦り、「○○ちゃん!」「○○くんや~ん!」と思わず叫ぶ。

先生方は人生の一仕事を終え、落ち着いた優しさ。
生徒達は、人生の山を乗り越えようとしている過渡期。
たくさんの人達に支えられていたんだなあと、つくづく、ちょっと照れくさいですが、頭を下げたくなります。

お互い色々あったと思うけど、良いものですね、再会って。
シミジミ。
また、会いたい。「スピード」したい。
a0197078_11541089.jpg


P.S.明くる日、着物のしまい方がわからず、脱ぎっぱなしをボー然と眺めております。ヒャー・・・。
[PR]



# by 66nobnob | 2011-06-05 12:02 | 日々

お昼ご飯

a0197078_1291926.jpg

いきなり食べさしの、みっともない写真ですみません。

皆さんはお昼ご飯は、いつもどこで、何を食べていますか?
私は、外食か、近所のスーパーで買ってくるがほとんどです。
スーパーの場合だと、おかず8品ほどのお弁当+カップ味噌汁とか、
ぶっかけ蕎麦+天ぷら盛合わせとか、お好み焼き+サラダなどなど。

ところで、このゴミが大変です。
お弁当だと蓋を開けるだけですみますが、プラスチックのお弁当ケースはほとんど綺麗なまま、捨てることになります。で、このプラスチックは嵩張り、案外硬いので、ゴミ袋を切り裂いたりします。

ぶっかけ蕎麦などは、表面のビニールを破る→蓋を開ける→麺の袋を開ける→お出汁の袋を開ける→麺をほぐす→海苔の袋を開ける→ワサビの袋を開ける→完了!
この間、当のカップ蕎麦の横には、開けた袋の山=ゴミ。

お昼ご飯を食べるだけで、なんと資源を無駄に、贅沢に使っていることか。
外食の方がまだしも世の中のゴミは減らせるか?でも毎日っていうのもなあ。
自炊する?う~ん、そんな時間は取れないかも。
じゃあ、どうする?
[PR]



# by 66nobnob | 2011-05-31 12:48 | 日々

着物が似合うおばあちゃんになりたい

来週の土曜日、中学卒業以来初めての学年同窓会があります。
何を着ていけば良いのか・・・最近スーツなど着てないし、ええ歳になっているし・・・。

な~んて、実は、ずっと着物を着ていくつもりでいたのでした!
昔から着物を着る生活がしたかったのですが、着る機会もなく、
でも、「縁側で湯飲みをすする着物の似合うおばあちゃん」になりたいと思っていたのです。

で、着物なんて着たことが無いので、
 ①着るには、まず何が必要か(足袋、紐、半襟など)?
 ②着物用の鞄(袋物)が無い!
 ③着たものの、裾さばきが出来るのか?
 ④食べ物の染みを付けそうな場所に、慣れない着物で本当に出向くつもり?
   帰りには、たもとに染みがあること間違いないぞ。
 ⑤草履で足が痛くなりはしないか?

などなど、不安でいっぱいです。
でも、清水の舞台から飛び降りた気持ちで、既に着付けの予約をしてしまった!
ああ、ドキドキ。
「着物の似合うおばあちゃん」への第一歩になるでしょうか。
 
[PR]



# by 66nobnob | 2011-05-27 15:43 | 日々

週末の過ごし方

昨日は2ヶ月に1回の現代風俗研究会の例会。
永井良和さんの「書字と文体の自分史」のお話でした。残念ながら私はガリバンを自分で作ったことはなくて、ただ、ガリバンに必ず使われていたザラ半紙が家にいつもあって、白い上等な紙はあまり使えなかったことを思い出した。ザラ半紙、新聞のチラシの裏面、父親の原稿用紙の反古が、常々の私の落書帳。そんなだったから、教科書の余白が最もノレるキャンバスだったのかなあ。真っ白な紙をいきなり突きつけられて、いざ書け!というのは苦手です。ああ、だから、製図試験も困難だわ!な~んて言い訳したくなります!

そんな楽しい土曜日を過ごしてしまったので、日曜日は少し予習復習しなければ、と思ったのも束の間。こんな良いお天気の日に、家にこもっていてはもったいないなあ。ラッキーなことに、今日は日曜日で15日、百万遍知恩寺さんの「手作り市」に行こう!さすがの賑わい、久しぶりに知人にバッタリと出会ったりして、こんな気持ちの良い日は、皆陽気にフラフラしたいものよね、と予習復習をしない自分を正当化したりします!

言い訳と正当化。明日からは内なる言い訳と正当化と戦います。ただし明日から。
a0197078_21552114.jpg

[PR]



# by 66nobnob | 2011-05-15 21:56 | 現代風俗

温泉街の喫茶店

またまたゴールデンウィークらしいことをしたいっ!城崎温泉へ行ってみよう!
関西エリアの温泉としては王道ですが、私は初めてです。
そういえば昭和40~50年代頃には「ホテ ルブルー城崎」「伊東に行くならハ・ト・ヤ」とか、温泉ホテルのテレビコマーシャルが結構ありましたね!海外旅行なんて敷居が高い。国内旅行でも、ちょっと頑張らないと行けない時代。今は、何でもお手軽過ぎるなあ。

城崎までは、京都から2時間半あまり。案外近い。
外湯が多いせいか、川沿いの温泉街には昼間から人通りが結構あります。
ぶらぶらと私も歩いて、出石蕎麦の店とか、但馬牛ハンバーグの店とか、居酒屋とか、大衆遊技場とか、地酒を売る店とか、様々な飲食店を物色します。
それらの店の合間に、なんだか喫茶店が多いような。
a0197078_16243342.jpg

[
#IMAGE|a0197078_1625756.jpg|201105/04/78/|mid|300|400#]
a0197078_16253027.jpg


わざわざ旅行に来て、誰が唐揚げ定食やパフェ食べんね~、とお思いでしょうが、このようなケースはよく見かけます。旅館の食事は、それを目的に客側も来ているものの、やっぱり一食で飽きるところがある。美味しいものをこれでもか、これでもか!と出て来て、結局飽きてしまい、日常の味が懐かしくなり、ついこのような喫茶店で、美味しいかどうかはわからないけど、ハンバーグ定食や唐揚げ定食にそそられたりするものです。
もちろん、当地の人がいつもカニ食べているわけでもないでしょうし、唐揚げ定食食べるでしょう。

a0197078_16394535.jpg


「鴻の湯」に向かう途中、ちょっと風情がある喫茶店がありました。「ウィーン」。
「モーニング ぱん、サラダ、たまご、コーヒー 500円」そそられましたが、入りませんでした。次回には、旅館の朝食を止めて、是非入りたいです。
[PR]



# by 66nobnob | 2011-05-04 16:46 | 建築

昼寝

今日はゴールデンウィーク初日。といっても、明日は仕事なので、私にとっては普通の祝日。でも、連休期間の始まりは嬉しいものです。いつもはしないようなことを、してみたい。
何しようかな。そうだ、こんな中途半端な一人の休日は、四条河原町にオープンしたマルイでも覗きに行こう!
と行ったものの、西陣ジモッチーになったせいか、年のせいか、目新しさに欠けるせいか、ただフロアをグリグリと回っただけで、大そう疲れてしまいました。お腹が空いたので、三条河原町のパン屋さん「志津屋」でサンドウィッチを食べました。いつも変らぬ美味しさ、この辺りに住んでた時はしょっちゅう食べていたので、懐かしい。アローンのモーニングなども、また食べたいなあ・・・!

でも、あんまり疲れて、日も高いというのに帰ってきてしまいました。いつも出来ないこと、したい。たまには、昼寝でもするか。
ベッドに横になったものの、明るくて眠れない。アイマスクをしても、しばらくは鼻の隙間から入る光が気になって眠れない。しばらく布団にくるまって、だんだん体が温まってきて、ようやく昼寝モードに入ってきたような・・・。自動車のエンジン音が遠くに聞こえ、ああ、良い子守唄・・・・・。
[PR]



# by 66nobnob | 2011-04-29 20:55 | 現代風俗

リド飲食街

先日カプセル旅館に宿泊した際、晩ご飯に立ち寄りたかったお店があったのですが、
当日は4月とは思えない寒~い日だったので、つい近所のお店に行ってしまいました。

そこで、日を変えてお店探検に行ってきました!
a0197078_15204178.jpg
a0197078_15221512.jpg


そう、「リド飲食街」です。
3坪ほど?のカウンター10席程度のお店が路地の両側にひしめいて、
レトロを遙かに超えた佇まいです。

チリトリ鍋・ホルモン焼きの「門」というお店に入ってみました。
お店のなかも、カウンターと椅子がギュッと詰まった感じ。
店主は30代でしょうか、思ったより若く、お客さんも20~30代な感じ。
マッコリ・ハーフサイズを頼んだら、小さいやかんで出てきました。案外おしゃれ。

向かいのお店は、ワイン・イベリコ豚のようなメニューで、ガラス戸越しに、
若い女性客の後ろ姿が映っていました。

最後にトイレチェック。

a0197078_1535488.jpg

つい、男性用トイレが見えてしまいました。
小コーナーは、タイル貼りの壁と、排水溝の立上りがあるだけ。至ってシンプルな作りです。
小便器なんて、必要ないね!

こういう飲食店街は、たまに残っていても、歯抜け状態だったりするのですが、
リド飲食街は、テナント満室で頼もしい。

ところで、「リド」て何?
[PR]



# by 66nobnob | 2011-04-27 15:41 | お店

三畳一間で思うこと
by 66nobnob

カテゴリ

全体
京都
現代風俗
お店
建築
日々
未分類

最新の記事

かめ、かめ、かめ!
at 2014-04-26 17:04
首コルセット
at 2014-03-19 19:43
レコードプレーヤー
at 2014-02-03 13:43
今年最後の?Happy!
at 2013-12-31 13:20
鳥居本の柿
at 2013-12-13 16:43

検索

最新のトラックバック

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧