<   2013年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧




縄文の秋

朝起きて、あまりにも気持ちの良い秋晴れなので、つい遊びの虫がムズムズして
今日は遊ぼうと決めました。
あの椎の木の下には、そろそろ実が落ちているはず。
そして、落ち葉の陰には、きのこワールドが広がっているはず。
急げ、椎の木へ!
a0197078_1649108.jpg

あれ、今年は不作かな?
いやいや、木から離れたところにたくさんたくさん落ちています。
枝が大きく広がっているのだから、当たり前。

椎の実の間に、小さいきのこ達。
縄文人は、秋には、椎の木の近くに「椎の実」も「椎茸」も見つけて、さぞ喜んだだろうな。

そういえば、「松の実」も「松茸」も美味しい。
[PR]



by 66nobnob | 2013-11-14 16:57 | 日々

木島 櫻谷邸

秋晴れの気持ち良い日。
「秋の特別拝観」や様々な催しがある中で、今日は北区等持院近くの「木島 櫻谷邸」見学に行ってきました。
a0197078_18594370.jpg

長らく結構近所にいるのに、知らない場所がまだたくさんあります。
ここの存在を知ったのは、今年「京都市文化財マネージャー」講座に入っていたからでした。

木島櫻谷は、明治末~昭和初期にかけて京都画壇で活躍した日本画家だそうですが、その存在さえも知りませんでした。ライバル竹内栖鳳は、今でも有名なのに。

もとは2000坪あったという広大な敷地に、日本家屋、洋館、80帖ほどもあるアトリエが建っています。
こんな一枚物の床板、現在では手に入らないな~、蕨の襖絵が可愛らしいな~、など思いましたが、全体の印象はおとなしく、優しく、櫻谷の人柄が表れているようでした。
お酒も飲まなかったらしいし・・・・。

東京の朝倉摂記念館になると、もっと激しく大胆な、普通の民家とは一風異なった建物ですが、櫻谷邸はそういう意味では常識的です。
建物は主人の人柄を映すものですね。

季節も良いので、みなさまも一度足を運んでみては如何でしょうか。
[PR]



by 66nobnob | 2013-11-02 19:22 | 建築

三畳一間で思うこと
by 66nobnob

カテゴリ

全体
京都
現代風俗
お店
建築
日々
未分類

最新の記事

かめ、かめ、かめ!
at 2014-04-26 17:04
首コルセット
at 2014-03-19 19:43
レコードプレーヤー
at 2014-02-03 13:43
今年最後の?Happy!
at 2013-12-31 13:20
鳥居本の柿
at 2013-12-13 16:43

検索

最新のトラックバック

タグ

ファン

ブログジャンル

画像一覧