<   2012年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧




初めての富山

この度、初めて富山に旅行しました。
海も山もあり、水が美味しい・・・ということは美味しいものが揃っているということです。

数年前オープンデスクで来てくれた学生の女の子が、氷見市出身で、
そのおっとり?しっかり?した人柄も惹かれるものがあり、
なんとなく「富山行ってみたいなあ」と思い続けていたのです。

いざ、富山へGO!
当たり前に「るるぶ」「まっぷる」に掲載されている店に、とりあえず行きました。
でも、結局納得したのは、この辺りでした。
a0197078_18105681.jpg
a0197078_18112872.jpg



JR富山駅前。
1軒目に入った 貝専門店「岬」さんはカウンター10席ばかりのお店。
ママさんの話では、この飲食店街(シネマ食堂街、建物2階は以前映画館だったそうです)は現在10軒ほど営業してるけど、2年後再開発で取り壊されるとのことでした。
「また、新しいビルに入れるとは限らないし・・・」70才代らしきママさん。
常連客らしき先客さんは「飛び込みでこの店入られたのなら、セーカイですよ」と太鼓判!

2軒目に入った焼鳥「こっこ家」さんのマスターは、たぶん60才代かな。
この建物(冨劇食堂街も、やはり2階フロアが映画館だった建物です)も、もう40年以上営業しているようなお店がある、コテコテ食堂街。
お店の大将いわく「チェーン店より、こんなののほうが、面白いでしょ?でも、お客さんもお店と共に老朽化して・・・。ハッハッハッ。」

そう~、新しいのって、入る勇気も要らないし、きれいだけど、面白くない場合が多いのよね。

2年後開通するらしい北陸新幹線に向けてか、富山駅前はビジネスホテルや新しく大きな居酒屋さんが、たくさん並んでいました。
そういうのも、需要があるのだろうし、いいと思う。
だけど、街としての奥行きを作るには、こういうスポットを大切にしてほしいなあ!
建物の老朽化をなんとかうまく解決して、残してくださいね、富山。
[PR]



by 66nobnob | 2012-04-23 18:33 | 建築

救世主

a0197078_941024.jpg

午後7時半。
北山通り辺りの飲食店のガレージに車を止め、30分程して出てきたら、
車のエンジンがかからない。何度やってもかからない。
給油ランプやシートベルトチェックランプ以外の、見たこともないような
怪しいランプが、たくさん点灯する。
おかしい。

いつもの自動車会社に電話しても、既に留守番電話。誰も出ない。
焦る。
ガレージは暗い。

「バッテリーだったら、繋ぎましょうか?」
親切な方が、声を掛けてくださった。有り難いことです。
でも、エンジンはかからない。
「JAFにでも頼むしか・・・」
ああ、春の夜は冷える。身体も心も凍えそうです。心臓はパクパク。

JAFには入っていない。
幸いにも自動車保険の「安心電話対応サービス」の電話番号が見つかりました。

「60kmまで無料のロードサービスを手配させていただくことが出来ますが。」
ぜひお願いします。
「30分程度で到着出来るはずですが、道路状況によりましてはもう少し字間がかかることも
ございますので、ご了承ください。」
はい、はい、はい、はい。

15分もたたないうちに、ガレージが面する暗く細い道を、
真っ赤で大きなロードサービスの車が、シズシズとやってきました。

「○○モータースの、○○と申します。よろしくお願い致します。」
ぜひぜひ、よろしくお願い致します。
「かかりませんか?ちょっと見せてもらえます?」
「バッテリーじゃないとしたら。電気系統は、照明もついてますね。」

車のエンジンあたりを、のぞき込んで、コンコンコン。
ブルブルブルブルブル・・・・・かかった~!エンジンがかかった~!

「セルモーターが、固着してたみたいですね。」
説明してくださる○○さんの顔を、暗い街灯がホノカに照らし出し、
まるで「救世主」が舞い降りたかのようです。

なんか、ようわかりませんけど、嬉しい。私は、嬉しいです!

「救世主」の書類にサインし、救世主は来た時と同じように、静かに帰って行かれました。
というわけで、家に辿り着き、近所の居酒屋さんで酒を飲みました。
高ぶった気持ちは、先ほど食べた夕食を一挙に消化し、なんだかお腹が減りました。
あまりにビックリしたせいか、酔っぱらうのも早い・・・。
[PR]



by 66nobnob | 2012-04-16 10:18 | 日々

手提げ袋、買いました

a0197078_8572452.jpg

いきなり、ポカポカ春の陽気、桜も満開になりました。
京都市内、どこへ行っても車も人も一杯です。

御所の西隣にある「菅原院天満宮」で、手作り市をやっていました。

可愛らしい手提げ袋があったので、つい買ってしまいました。
メインの鞄以外に持つ、A4が入る程度の手提げが、ちょうど欲しかったのです。a0197078_942252.jpg
a0197078_944049.jpg

手拭いを合わせて作ったそうです。
木綿の柔らかい手触りが気持ち良く、縫い目がしっかりして丈夫そうです。

お気に入りが見つかるのって、嬉しいものですね。
春には、なぜか財布の紐もゆるみ勝ちです。
[PR]



by 66nobnob | 2012-04-09 09:17 | 日々

酒場放浪記

テレビが面白くない。
特に今、新番組入替時期の穴埋め特集番組が、大変面白くない。
かといって、テレビを見ないことには出来ず、テレビ欄の隅々まで眺め回し、
なんとか面白そうな番組を探し出す。

で、この番組。「吉田 類の酒場放浪記」
本も出てました。
a0197078_946869.jpg


東京周辺のエリアが多いのが残念ですが、でも様々な場末の情感が伝わってきて、
しかも番組案内人の吉田 類さんが、だんだん興に乗り酔いが回り、
店を出る時には呂律が回らないまま
「この辺り、あと1、2軒お店を訊ねてから帰ろうと思います」
と、カメラに背を向けて赤提灯街に消えていくあたり、好きです。

単なるお店紹介に止まらず、ちゃんと絵になってます。
静かな画面、語り口。
BS以外で、こんな番組もやってほしいよね。
[PR]



by 66nobnob | 2012-04-02 10:13 | お店

三畳一間で思うこと
by 66nobnob

カテゴリ

全体
京都
現代風俗
お店
建築
日々
未分類

最新の記事

かめ、かめ、かめ!
at 2014-04-26 17:04
首コルセット
at 2014-03-19 19:43
レコードプレーヤー
at 2014-02-03 13:43
今年最後の?Happy!
at 2013-12-31 13:20
鳥居本の柿
at 2013-12-13 16:43

検索

最新のトラックバック

タグ

ファン

ブログジャンル

画像一覧