<   2012年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧




美術展

美術展というものに、とんと行かなくなった。
いつからだろう?
半券は全てというほど残しているので、調べればすぐわかるけど。

10代20代はよく行ったし、よく覚えている。
美術館という空間も好きだった。

たくさんの作品を、一度にわんさか見ることがしんどくなったのだろう。
厳選された作品を、ゆっくりじっくり見たいけど、
混雑する美術展では叶わない。

2月から京都文化博物館で「葛飾北斎 展」をするらしい。
混雑するだろうな。
立ち止まれないないだろうな。

でもやっぱり、これは行こう。
a0197078_13232049.jpg

[PR]



by 66nobnob | 2012-01-31 13:24 | 日々

テオ・アンゲロプロス死去

昨日の夕刊を見てハッとした。アンゲロプロス監督の訃報記事。
新作撮影中道路を渡ろうとして、バイクにはねられたそうだ。享年76歳。

私の映画人生のなかで、最も衝撃を受けたのは、
ブニュエル監督「アンダルシアの犬」の眼に剃刀、エイゼンシュテイン監督「戦艦ポチョムキン」の大階段、そしてアンゲロプロス監督「アレキサンダー大王」のワンカット。

学生時代、深夜映画にはまっていたのだが、深夜の衝撃だった。

19世紀ギリシャ革命という激動の時代が舞台。
大写しになった、ギリシャの田舎風景らしい青々とした草原を背景に、
数人の名も無き民が、静かに立ち去る。
後には、草原が変わりなく青々としている。

ただそれだけで、時代の動揺、人民の哀しみと怒りが伝わってきて、
テレビの前に、ただ釘付けになった。
こんな描き方があるんだなあ、とほれぼれした。

どんな映画の撮影中だったのだろうか?
久しぶりに、映画が見たくなる。
[PR]



by 66nobnob | 2012-01-26 13:02 | 日々

エレガントサロン!

久しぶりに京阪電車に乗りました。

昔は大阪通勤などで、よく乗ったなあ。

今では、年1回石清水八幡宮初詣しか、乗る機会がない。
座席の色や手すりの形が随分変わって、落ち着いた?ダークな赤と黒?
a0197078_993125.jpg

「ELEGANT SALOON」だそうです!

う~ん、「京阪」と「エレガント」の結び付きを、頭の中が拒否するのですが・・・。
違和感・・・。
私の勝手な先入観でしょうか、これって?
[PR]



by 66nobnob | 2012-01-18 09:15 | 京都

振袖

お正月過ぎて、先週は姪っ子の成人式。
年末年始から続く「物入り」の日々が続く!

「9時半に○○に晴着姿見に来て!」と言われ、おばちゃんとしては
いそいそと出向く。うぅっ、こういうのってとても楽しい。

着るのは約30年前、姉の成人式の時に作った振袖。
帯も草履も、全てその時のもの。
a0197078_8505885.jpg

最近はレンタル着物が多いそうなので、自前というだけマシ?
今の若者は、つましいものだ。

20歳のピチピチの肌に、ピンクの振袖、朝から眩しい~!
ジジババ、親、オバ、大はしゃぎです。

それにしても、30年前のものとは思えない。
色褪せず、美しい着物。

私は成人式当時、振袖には関心無く、というよりむしろ嫌で、
しかもピンク色なんて小っぱすかしいもの着れません!というのに、
母親に「着てくれ」と頼み込まれて着たのだが、今こうしてその振袖を目の当たりに見れば、
自分にもこんなピンク色に腕を通せた時期があったのだなあ、と
嬉しくなる、はるか彼方。

この振袖、次に着てくれる人は出来るでしょうか・・・。
[PR]



by 66nobnob | 2012-01-17 09:16 | 現代風俗

年明けて

年が明けました。
といって、何が急に変わるわけではないですが、何かしらおめでたい気分で良いものです。

いつもはゆっくりと一緒に過ごすことのない両親と私、3人の元旦。
老いが急速に進み、お雑煮のお餅を「ゲホゲホ」と喉に詰めそうにしながら
食べる二人を目前にし、
「もし、いっぺんに二人ともお餅を喉に詰めたら、私は彼らを助けられそうにないな」
と、年明け早々ビクビクしながら、食べ終わるのを待つ私。

年末から続く暴飲暴食で、私はあまり食欲なし。
こんな時こそ外を歩こうと、年明けの清々しい空気に誘われ
ひとり散歩に出る。
白梅町から円町付近、2時間ほど歩き回ったのち、コーヒーが飲みたくなる。
この辺て、喫茶店少ないんだよね~!特に元旦から開いてそうな店が・・・
とか考えながら円町まで戻って来ると・・・

素晴らしい!元旦開店ビッグスリー「なか卯」「ドトールコーヒー」「100円ローソン」。
JR円町駅が出来てから、この辺は変わったんだね。

いそいそ、ドトールへ。初詣帰りのお客さんで、店内は混んでいる。
でも、喫煙ルームは空いている!静かで、ほとんど貸切状態。
時代は確実に変わっています。
a0197078_10443391.jpg


ガラス越しに隣り合った、禁煙席の若いカップルはというと、
テーブルに向かい合って、お互い無言でスマートフォンを操作しまくっている。
でも、仲良いのでしょうね。
私がその年齢の頃なら、そんなことしてたら張り倒されただろうな、
きっと。
時代は変わる。
[PR]



by 66nobnob | 2012-01-06 10:50 | 現代風俗

三畳一間で思うこと
by 66nobnob

カテゴリ

全体
京都
現代風俗
お店
建築
日々
未分類

最新の記事

かめ、かめ、かめ!
at 2014-04-26 17:04
首コルセット
at 2014-03-19 19:43
レコードプレーヤー
at 2014-02-03 13:43
今年最後の?Happy!
at 2013-12-31 13:20
鳥居本の柿
at 2013-12-13 16:43

検索

最新のトラックバック

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧