カテゴリ:日々( 25 )




真夜中に

夢の中をさまよって、ふと意識が目覚めて、
車が走るエンジン音や、人の笑いさざめく声が聞こえるから、
もう明け方かなあ・・・と起きたら、
まだ午前2時半。

10年前なら、飲みに行ったり、仕事で夜明かしは、
珍しくなかったけど、
10年経って、その日中に寝るのが日課になってみると、
「午前2時半」は、未知の時間で、
つい、ブログを書いてしまった。

また少し眠気が襲ってきたようで、おやすみなさい。
[PR]



by 66nobnob | 2011-06-18 03:32 | 日々

読書のひととき

本好きです。が、今はあまり読書の時間はありません。
せいぜい寝る前の30分が、あるか無いか。
今日途中まで読んで、次はいつ読むかわからないので、
長編は読みません。
今は篠田鉱造「明治百話」を読み返しています。
新聞記者だった篠田鉱造が、同時代の人に「明治」という時代の
事件やエピソードを聞き書きした作品です。
区切りが短いので、いつでもちょっとした時間に読めるし、
比較的近い時代の、あまりにも現代感覚とは違う、また共通の感覚が面白いです。

そして、以前のようには小説というジャンルを読まなくなりました。
読みたくない訳ではない。
本に求める内容が変わったのでしょう。

あ~、どーでもいいから、気が趣くまま、読書三昧したいな~!
a0197078_20124315.jpg

[PR]



by 66nobnob | 2011-06-12 20:13 | 日々

再会

暑い日です。梅雨の晴れ間で、湿度も高い。
「同窓会」本番の日。「着物を着る日」。オオゲサです。

アセアセアセと、センチュリーホテルに到着。
幹事は4時集合。幹事連は早くも勢揃い、気合い入ってるなあ。
「着物似合ってんで~」とお世辞を受けてはしゃぎ気味の私!

徐々に、30年前の15才達がやって来る。
横に大きくなった人、すぼまった人、ちょっとシワが増え、髪も白くなり、あるいは薄くなり、貫禄が出来、人間が丸くなり・・・・・そんな現在の姿の内側から、30年前の彼・彼女が浮かび上がって来ます!
名札を見なくても、不思議に記憶の彼方から名前が甦り、「○○ちゃん!」「○○くんや~ん!」と思わず叫ぶ。

先生方は人生の一仕事を終え、落ち着いた優しさ。
生徒達は、人生の山を乗り越えようとしている過渡期。
たくさんの人達に支えられていたんだなあと、つくづく、ちょっと照れくさいですが、頭を下げたくなります。

お互い色々あったと思うけど、良いものですね、再会って。
シミジミ。
また、会いたい。「スピード」したい。
a0197078_11541089.jpg


P.S.明くる日、着物のしまい方がわからず、脱ぎっぱなしをボー然と眺めております。ヒャー・・・。
[PR]



by 66nobnob | 2011-06-05 12:02 | 日々

お昼ご飯

a0197078_1291926.jpg

いきなり食べさしの、みっともない写真ですみません。

皆さんはお昼ご飯は、いつもどこで、何を食べていますか?
私は、外食か、近所のスーパーで買ってくるがほとんどです。
スーパーの場合だと、おかず8品ほどのお弁当+カップ味噌汁とか、
ぶっかけ蕎麦+天ぷら盛合わせとか、お好み焼き+サラダなどなど。

ところで、このゴミが大変です。
お弁当だと蓋を開けるだけですみますが、プラスチックのお弁当ケースはほとんど綺麗なまま、捨てることになります。で、このプラスチックは嵩張り、案外硬いので、ゴミ袋を切り裂いたりします。

ぶっかけ蕎麦などは、表面のビニールを破る→蓋を開ける→麺の袋を開ける→お出汁の袋を開ける→麺をほぐす→海苔の袋を開ける→ワサビの袋を開ける→完了!
この間、当のカップ蕎麦の横には、開けた袋の山=ゴミ。

お昼ご飯を食べるだけで、なんと資源を無駄に、贅沢に使っていることか。
外食の方がまだしも世の中のゴミは減らせるか?でも毎日っていうのもなあ。
自炊する?う~ん、そんな時間は取れないかも。
じゃあ、どうする?
[PR]



by 66nobnob | 2011-05-31 12:48 | 日々

着物が似合うおばあちゃんになりたい

来週の土曜日、中学卒業以来初めての学年同窓会があります。
何を着ていけば良いのか・・・最近スーツなど着てないし、ええ歳になっているし・・・。

な~んて、実は、ずっと着物を着ていくつもりでいたのでした!
昔から着物を着る生活がしたかったのですが、着る機会もなく、
でも、「縁側で湯飲みをすする着物の似合うおばあちゃん」になりたいと思っていたのです。

で、着物なんて着たことが無いので、
 ①着るには、まず何が必要か(足袋、紐、半襟など)?
 ②着物用の鞄(袋物)が無い!
 ③着たものの、裾さばきが出来るのか?
 ④食べ物の染みを付けそうな場所に、慣れない着物で本当に出向くつもり?
   帰りには、たもとに染みがあること間違いないぞ。
 ⑤草履で足が痛くなりはしないか?

などなど、不安でいっぱいです。
でも、清水の舞台から飛び降りた気持ちで、既に着付けの予約をしてしまった!
ああ、ドキドキ。
「着物の似合うおばあちゃん」への第一歩になるでしょうか。
 
[PR]



by 66nobnob | 2011-05-27 15:43 | 日々

三畳一間で思うこと
by 66nobnob

カテゴリ

全体
京都
現代風俗
お店
建築
日々
未分類

最新の記事

かめ、かめ、かめ!
at 2014-04-26 17:04
首コルセット
at 2014-03-19 19:43
レコードプレーヤー
at 2014-02-03 13:43
今年最後の?Happy!
at 2013-12-31 13:20
鳥居本の柿
at 2013-12-13 16:43

検索

最新のトラックバック

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧