カテゴリ:建築( 21 )




初めての富山

この度、初めて富山に旅行しました。
海も山もあり、水が美味しい・・・ということは美味しいものが揃っているということです。

数年前オープンデスクで来てくれた学生の女の子が、氷見市出身で、
そのおっとり?しっかり?した人柄も惹かれるものがあり、
なんとなく「富山行ってみたいなあ」と思い続けていたのです。

いざ、富山へGO!
当たり前に「るるぶ」「まっぷる」に掲載されている店に、とりあえず行きました。
でも、結局納得したのは、この辺りでした。
a0197078_18105681.jpg
a0197078_18112872.jpg



JR富山駅前。
1軒目に入った 貝専門店「岬」さんはカウンター10席ばかりのお店。
ママさんの話では、この飲食店街(シネマ食堂街、建物2階は以前映画館だったそうです)は現在10軒ほど営業してるけど、2年後再開発で取り壊されるとのことでした。
「また、新しいビルに入れるとは限らないし・・・」70才代らしきママさん。
常連客らしき先客さんは「飛び込みでこの店入られたのなら、セーカイですよ」と太鼓判!

2軒目に入った焼鳥「こっこ家」さんのマスターは、たぶん60才代かな。
この建物(冨劇食堂街も、やはり2階フロアが映画館だった建物です)も、もう40年以上営業しているようなお店がある、コテコテ食堂街。
お店の大将いわく「チェーン店より、こんなののほうが、面白いでしょ?でも、お客さんもお店と共に老朽化して・・・。ハッハッハッ。」

そう~、新しいのって、入る勇気も要らないし、きれいだけど、面白くない場合が多いのよね。

2年後開通するらしい北陸新幹線に向けてか、富山駅前はビジネスホテルや新しく大きな居酒屋さんが、たくさん並んでいました。
そういうのも、需要があるのだろうし、いいと思う。
だけど、街としての奥行きを作るには、こういうスポットを大切にしてほしいなあ!
建物の老朽化をなんとかうまく解決して、残してくださいね、富山。
[PR]



by 66nobnob | 2012-04-23 18:33 | 建築

三条商店街

三条商店街をブラブラ散歩。
ここはアーケードがあるので、小雨模様も気にせず歩けます。
最近、三条河原町より北はアーケードをはずしたけど、雨雪の時はやはりあると嬉しいです。

三条商店街も、他の古い商店街同様空き店舗・閉店が目立ちます。
が、上を向いて歩けば、一時期の活気を見ることができます。a0197078_952015.jpga0197078_9521741.jpg

2階窓飾りデザインの楽しさ。人が行き交う楽しさ・喜びが表れています。
最近のものはアルミ製の直線ばかりで、全く楽しくない!

千本通りに近い、三条通りから3軒ほど北に、10年ほど前に開店した
たこ焼き「六ちゃん」があります。

a0197078_958185.jpg

おばちゃん、膝が痛いとは仰いますがまだまだお元気!
キャベツ焼¥150-は安すぎです。
三条商店街の底力を、隙間見る気がするのでした。
[PR]



by 66nobnob | 2012-03-12 10:01 | 建築

はぁ~

今日は「一級建築士 製図試験」合格発表の日。
ハラハラ、ドキドキ、ハラハラ、ドキドキ・・・・・。

試験以後、合否はあまり考えないようにして「仕事、仕事!」とやってきたつもりですが、
やはりここ数日は、神頼み、神頼みの毎日でした。

今朝の9時頃からパソコンの前でスタンバイ。
9時半になっても発表されず、ゲームで気を紛らし、ネットを開き、まだかな~・・・。

10時前、ゲームが珍しくパンパカパーンで終わった。験がよろしい。よしっ!
ネットを開く。
発表は始まっている。

・・・・・受かった~!!!!!!!!!!!!!!!!!

受かってる~!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
a0197078_11243826.jpg

[PR]



by 66nobnob | 2011-12-15 11:24 | 建築

かえるさん

植木屋さんに、枯れかけのカエデの木を撤去してもらった根っこの跡を眺めていました。
まだ残っている根に、生死不明のカタツムリがくっついています。
地中でもカタツムリは暮らせるのかな・・・などと、晴れた気持ちよい日だし、呑気なことを考えています。

と、カタツムリの横に、小さな動くものがあります。
ピョンピョン、ではなくノッタリノッタリと土から這い上がろうとしているアマガエルです。
飛んではひっくりかえり、また飛んではひっくりかえる、アマガエル。

もう冬眠していたのかなあ、起こしてしまったのかなあ。
ここは、タイルを張ってしまうので、戻ることはできないのです。

a0197078_13312828.jpg

手ですくって、庭に移動。
暖かい土の中に、またもぐっていくのでしょうか。

初めて素手で、カエル触りました。触れなかったのに。
私も変わったな。
[PR]



by 66nobnob | 2011-11-16 13:35 | 建築

温泉街の喫茶店

またまたゴールデンウィークらしいことをしたいっ!城崎温泉へ行ってみよう!
関西エリアの温泉としては王道ですが、私は初めてです。
そういえば昭和40~50年代頃には「ホテ ルブルー城崎」「伊東に行くならハ・ト・ヤ」とか、温泉ホテルのテレビコマーシャルが結構ありましたね!海外旅行なんて敷居が高い。国内旅行でも、ちょっと頑張らないと行けない時代。今は、何でもお手軽過ぎるなあ。

城崎までは、京都から2時間半あまり。案外近い。
外湯が多いせいか、川沿いの温泉街には昼間から人通りが結構あります。
ぶらぶらと私も歩いて、出石蕎麦の店とか、但馬牛ハンバーグの店とか、居酒屋とか、大衆遊技場とか、地酒を売る店とか、様々な飲食店を物色します。
それらの店の合間に、なんだか喫茶店が多いような。
a0197078_16243342.jpg

[
#IMAGE|a0197078_1625756.jpg|201105/04/78/|mid|300|400#]
a0197078_16253027.jpg


わざわざ旅行に来て、誰が唐揚げ定食やパフェ食べんね~、とお思いでしょうが、このようなケースはよく見かけます。旅館の食事は、それを目的に客側も来ているものの、やっぱり一食で飽きるところがある。美味しいものをこれでもか、これでもか!と出て来て、結局飽きてしまい、日常の味が懐かしくなり、ついこのような喫茶店で、美味しいかどうかはわからないけど、ハンバーグ定食や唐揚げ定食にそそられたりするものです。
もちろん、当地の人がいつもカニ食べているわけでもないでしょうし、唐揚げ定食食べるでしょう。

a0197078_16394535.jpg


「鴻の湯」に向かう途中、ちょっと風情がある喫茶店がありました。「ウィーン」。
「モーニング ぱん、サラダ、たまご、コーヒー 500円」そそられましたが、入りませんでした。次回には、旅館の朝食を止めて、是非入りたいです。
[PR]



by 66nobnob | 2011-05-04 16:46 | 建築

カプセル旅館 京都

京都駅近くにある、一度泊まってみたかった「カプセル旅館 京都」に一泊してきました。
a0197078_164369.jpg


a0197078_16433770.jpg

客室から見える「京都タワー」の夜景が美しい!
a0197078_16453757.jpg


カプセルベッドのように機能的でコンパクト、更に和風テイストを取り入れた、
清潔・快適・リーズナブルなホテルです。
私が泊まったのはツインのお部屋ですが、珍しい「畳敷き 和風カプセルベッド」の部屋もあります。

外国人のお客様が多いですが、日本人にもJapanese tasteが新鮮で楽しめます。落ち着くし。
京都にお越しの際は、是非!お勧めです!
[PR]



by 66nobnob | 2011-04-21 17:05 | 建築

未曾有の災害

先週の今日、巨大地震が起こりました。

午後3時頃、京都のこの3帖一間もユラーリユラーリと揺れていました。
その時は、私の身体の変調かな、と思っていました。
夕方のニュースで、その訳を知りました。

昭和6年生れの父は、太平洋戦争の空襲で愛知県の自宅が焼かれ、焼かれずに残った近所の家を見て
とても情けない、悔しい思いをしたそうです。
その父が、「空襲では、焼けて跡形もなくなってしまったけど、この津波の、あのガレキはどうやって
処分するんだろう。空襲よりタチが悪いな。」と、ポツリと言いました。

ニュース映像を見ていると、鉄筋コンクリート造の建物は、被災しているにせよ、
津波に流されず残ったように見える。
今後、津波に流された地域に、また建物が建つ日が来るとすれば、
鉄筋コンクリートばかりになるのだろうか?

この地震で、色々な意味で日本地図が変わってしまいそうです。
色々な重いが頭をよぎり、何も手につかないこの1週間でした。
a0197078_16501352.jpg

[PR]



by 66nobnob | 2011-03-18 16:50 | 建築

京都鴨川建築塾

3月5日(土)は、「京都鴨川建築塾」の今年度最後の日でした。

この8ヶ月、通常非公開の大徳寺孤蓬庵や、講師の田中敏溥先生の東京ご自宅など
普通では立ち入れない貴重な見学会をしていただきました。
でも、毎月の課題提出は結構しんどい。日が近づくと、重たい気分になったものです。

模型と図面の提出で、やった~終わった~!
久しぶりに模型作った~!
学生時代みたいだ~!
a0197078_13562119.jpg

変にハイな気分です。
みなさん、どうも有り難うございました。
[PR]



by 66nobnob | 2011-03-07 13:59 | 建築

北大路マイカルのダリ

a0197078_19552880.jpg

北大路マイカルに久しぶりに立ち寄りました。
4階の生活用品を見て、まだペット売り場でミニフグに見とれて、
さて帰ろう、と1階の中庭を見ると、
やや?これはダリの作品?ダリ風オブジェ?
六本木ヒルズのギーガーのオブジェにも似ている、怪しい彫刻作品が・・・。

前からあったのに、気が付かなかっただけでしょうね、きっと。
作者名をご存知であれば、教えてください。
[PR]



by 66nobnob | 2011-02-24 20:02 | 建築

建物探訪「月の桂」

なんだか「食べ物」のことを書くことが多かったですが、今回は建物です。

「月の桂」美しい名です。
桂の木に月がかかっているのでしょうか?桂の里に輝く月でしょうか?

鳥羽街道にある「月の桂」で有名な、西田徳兵衛商店さんを見学させていただきました。
いつも杉玉が軒先に吊ってある、街道の曲がりに沿って建つ鄙びた趣きのある建物です。
a0197078_17364411.jpg

車で前を通ることはありましたが、よもや見学の機会に恵まれるとは!

現社長である15代目(だったかな?)西田徳兵衛さんのご説明で、まずは事務所とご自宅
の入る母屋を見せていただきました。
昨年改修工事をされたそうで、その手の入れ方が、今回の見学の目的です。

おくどさんの残された土間も新調されて清々しく、舞良戸や障子・襖は、出来る限り温存されています。
傍らには試飲カウンターが設けられ(チェック!)
、素敵な酒瓶が並びます。
座敷に上がれば、襖の月を象った引き手が目を引きます。
床の間には、御祖父様が集められたという珍しい杯が飾られ、華やかな色を添えます。
建物が人を作るのか、人が建物を造るのか、お互いが高めあう歴史が感じられます。
a0197078_1810465.jpg



次は、道の向かいに建つ酒蔵へご案内いただき、酒造工程や、昔ながらの仕込み道具、
酒用米の話など伺います。
a0197078_1875240.jpg


麹菌の漂う、芳しい空間。

次第に私の歩みは軽やかになります。
仕込み中の樽の中を拝見すると、プツプツと沸き出すような・・・大理石のように円やかな白色です。
生きる美しさ。

最後に、やっぱり試飲させていただき、昼間からすっかりご機嫌さん!
素敵な建物に、素敵な酒が宿る。訪れる人は幸せになる。
最後はやはり味覚の話になってしまいました。

素敵な見学会でした。心から有り難うございました。
[PR]



by 66nobnob | 2011-02-13 18:20 | 建築

三畳一間で思うこと
by 66nobnob

カテゴリ

全体
京都
現代風俗
お店
建築
日々
未分類

最新の記事

かめ、かめ、かめ!
at 2014-04-26 17:04
首コルセット
at 2014-03-19 19:43
レコードプレーヤー
at 2014-02-03 13:43
今年最後の?Happy!
at 2013-12-31 13:20
鳥居本の柿
at 2013-12-13 16:43

検索

最新のトラックバック

タグ

ファン

ブログジャンル

画像一覧