カテゴリ:建築( 21 )




今年最後の?Happy!

10年来の友、CanonプリンターBJC-5500J。人間の年齢なら、もう80歳くらいだろうか?
久しぶりに電源を入れたら、聞き慣れない異音がする、嫌な予感・・・。

Canonサービスセンターに問い合せたら、
「基盤の故障かもしれません。が、部品供給は終了しています。」とのこと。ガ~ン。

私が悪かった。しばらく動かしていなかったから。掃除も満足にしてあげなかったから。
機嫌直してください!とばかりに、今さら内部の掃除をする私。

お前がいなければ、誰が私のA2図面を出してくれるのだ!
E○○○○のプリンターも確かにある。だけど、8色のインクカートリッジを全部入れないと動いてくれない。モノクロユーザーにとっては、とても面倒くさい奴なのだ。しかもカートリッジがとても高価。

あなたが居てくれなければ、私は、私は、どうすれば良いの~?????
a0197078_1315026.jpg


動いた!!!!!試しにインクカートリッジを交換してみたら、動いた!!!!!
しかも、純正カートリッジは、今や生産中止なので、メーカーがわからないようなリサイクルカートリッジに交換したのに。しかも、純正に比べて大幅に安い。

メーカーに見放されても、もう大丈夫やで!BJC-5500J。
こんなに安いリサイクルカートリッジが、インターネット上でたくさん売られているということは、まだまだ元気な友達がたくさん居るということや!

これからもよろしくお願いします!
[PR]



by 66nobnob | 2013-12-31 13:20 | 建築

木島 櫻谷邸

秋晴れの気持ち良い日。
「秋の特別拝観」や様々な催しがある中で、今日は北区等持院近くの「木島 櫻谷邸」見学に行ってきました。
a0197078_18594370.jpg

長らく結構近所にいるのに、知らない場所がまだたくさんあります。
ここの存在を知ったのは、今年「京都市文化財マネージャー」講座に入っていたからでした。

木島櫻谷は、明治末~昭和初期にかけて京都画壇で活躍した日本画家だそうですが、その存在さえも知りませんでした。ライバル竹内栖鳳は、今でも有名なのに。

もとは2000坪あったという広大な敷地に、日本家屋、洋館、80帖ほどもあるアトリエが建っています。
こんな一枚物の床板、現在では手に入らないな~、蕨の襖絵が可愛らしいな~、など思いましたが、全体の印象はおとなしく、優しく、櫻谷の人柄が表れているようでした。
お酒も飲まなかったらしいし・・・・。

東京の朝倉摂記念館になると、もっと激しく大胆な、普通の民家とは一風異なった建物ですが、櫻谷邸はそういう意味では常識的です。
建物は主人の人柄を映すものですね。

季節も良いので、みなさまも一度足を運んでみては如何でしょうか。
[PR]



by 66nobnob | 2013-11-02 19:22 | 建築

「日の出湯」さんで、審査員特別賞!

この7ヶ月あまり「京都市文化財マネージャー育成講座」に通っていました。
先週の土曜日は、修了レポートの発表会。
6つの班の、それぞれの力作が並びました。
江戸時代から続く由緒ある民家、小さいながら懐かしい木造駅舎、近代建築の先魁となっている和洋折衷建築など、内容は様々です。

その中で、なんと!私たちの班の発表が「審査員特別賞」に輝きました!
a0197078_10455724.jpg


発表したのは、東寺近くにある銭湯「日の出湯」さんです。
映画「マザーウォーター」の撮影にも使われた、存在感のある建物です。
昭和3年頃に建てられたそうですが、建物だけでなく、木製ロッカーなどの調度品も
手入れが行き届き、使い続けておられ見事です。

でも昨今は、内風呂化が進み、若い客層が減っているそうです。
このままでは、平安時代から続く「銭湯文化」が失われてしまう!!!

皆さん、たまには近所のお風呂屋さんに出向いて、大きな湯船と裸の付き合いで
リラックスしてみては?
[PR]



by 66nobnob | 2013-07-29 11:06 | 建築

Y町町家 完成!

約2ヶ月かけて、築50年以上経つ町家を改装しました。
梅雨明けと共に、ようやく完成!
a0197078_1952157.jpg
a0197078_1954169.jpg


お施主様の要望もあり、建具は出来る限り既存品を再利用。
これも既存の棹ブチ天井や柱も、アク洗いしてもらってキレイ、スッキリ明るくなりました。

ちょっとレトロな、「和」でもない「洋」でもないお家になりました。
とっても落ち着きます・・・。
[PR]



by 66nobnob | 2013-07-18 19:12 | 建築

ツバメの子

工事現場近くのコンビニで、買い物をして出てくると、
目の前をスーッとツバメが通り過ぎた。
何だか、ピイピイと元気な鳥の子の声がする、と思ったら、
隣に建っているマンション 共用廊下に突き出したパイプフードの上に
ツバメの巣が出来ている。
そして、子ツバメが5,6羽。こいつらが、ピイピイ鳴いてたのか。
a0197078_16162068.jpg


さっき目の前を飛んで行ったのは、親ツバメなのだろう。
これだけの子供にエサを運ぶのだから、忙しいなあ・・・。

仕事中に、私の気分転換してくれて有難う、ツバメの親子。
[PR]



by 66nobnob | 2013-06-24 16:26 | 建築

レトロ・アイアンワーク

お散歩ブラブラが、気持ちの良い季節。
本格的な「京町家」も良いけど、ちょっとお茶目で懐かし気な「アイアンワーク」が気になります。
今なら、どこで手に入るのだろうか・・・?
a0197078_19581068.jpg
a0197078_19583155.jpg


[PR]



by 66nobnob | 2013-05-09 19:59 | 建築

法隆寺に学ぶ

このところ、無性に古代的なものに惹かれています。
その一環で、「法隆寺の鬼」と言われた西岡常一棟梁の本「木に学べ」を読みました。

飛鳥時代の技能者達の素晴らしさ、それ以降の各時代にされた修復工事の特徴など
読んでいると、居ても立ってもいられず、いざ「法隆寺」へ!

ダ~ン!と五重塔!
a0197078_12552979.jpg



来たのは、10年振りくらいだろうか。
千四百年の時を超えて堂々とそびえています。
雨の多い日本の風土に合わせた4m程もある深い軒を支える雲肘木、心柱は樹齢千年を超えるヒノキらしい。
軒のラインは、今でも狂い無くピシッと一直線です。
工夫に工夫を重ね、木材を大切に組み使い、また見分ける技術。
そんな木材も、今や国内で得られないし、木造技術も廃れている。

西岡棟梁が携わった「昭和の解体修理」の後、また解体修理が必要になるのはずっと先のことだろうが、その時 必要な材料や技術・人は残されているだろうか???

西岡棟梁の言葉
「形だけなら受け継いでいけます。そのかわり新しいものは作り出せません。まねごとで終わってしまうわけや。」
痛い言葉です。
京都の景観問題にも、相通ずるものがあります。

ああ、もっと頑張れ私たち・・・!
[PR]



by 66nobnob | 2012-10-09 13:19 | 建築

街角アート

a0197078_10594895.jpg

タイル絵。タイルのお花。
可愛い。
[PR]



by 66nobnob | 2012-08-14 11:01 | 建築

大徳寺黄梅院

a0197078_13134849.jpg

雨上がりの土曜日、大徳寺黄梅院の見学会に行って来ました。

黄梅院といえば、私が社会人になった時には既に修復工事中。
それからウン年、ず~~~っと工事中でした。
ようやく最近になって工事が終わったそうです。いつもは未公開なので、貴重な見学会です。

武野紹鴎作と云われる四畳半の茶室と、千利休が作庭した「直中庭」があります。

様々な角度から眺められる庭と、点在する幾つもの茶室。
敷地の空きスペースがガレージとなってしまう現代の建物。でも、限られた敷地では、そうせざるを得ない。

気迫の込もった住職さんのお話と、長い時間を経た空間に、現在が向いている方向が
これで良いのかと考えさせられる見学会となりました。
[PR]



by 66nobnob | 2012-07-09 13:32 | 建築

七福神

a0197078_1471281.jpg

飾り棚に加工してもらうため、無垢板屋さんに出向きました。
木取りは、まあすんなりと終わりました。出来上がりが楽しみです。

店内というか倉庫を見渡すと、色々なモノが置いてあります。
木材だけでなく、古い石灯籠やつくばい、看板、
どこからどのようにして運んできたのか、なんと長屋門そのままそっくり!しかも3体も!

「これは売約済なんですけど~、総栗造りなんで貴重ですね~」
買う人がいるんですね!ちょっと数寄屋調の門で、一から作ったら随分金額張りそうですし、お買い得かもしれません。

「これは、ちょっと大きすぎて、なかなか売れないんですよね~」
武家屋敷の門みたいな、遠山の金さんゴッコができそうな(!)門です。
しかも、軒下にオメデタそうな「七福神」が載っています。

神様付きだし、これもある意味お買い得、かな?
う~ん・・・。
[PR]



by 66nobnob | 2012-06-12 14:23 | 建築

三畳一間で思うこと
by 66nobnob

カテゴリ

全体
京都
現代風俗
お店
建築
日々
未分類

最新の記事

かめ、かめ、かめ!
at 2014-04-26 17:04
首コルセット
at 2014-03-19 19:43
レコードプレーヤー
at 2014-02-03 13:43
今年最後の?Happy!
at 2013-12-31 13:20
鳥居本の柿
at 2013-12-13 16:43

検索

最新のトラックバック

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧