救世主

a0197078_941024.jpg

午後7時半。
北山通り辺りの飲食店のガレージに車を止め、30分程して出てきたら、
車のエンジンがかからない。何度やってもかからない。
給油ランプやシートベルトチェックランプ以外の、見たこともないような
怪しいランプが、たくさん点灯する。
おかしい。

いつもの自動車会社に電話しても、既に留守番電話。誰も出ない。
焦る。
ガレージは暗い。

「バッテリーだったら、繋ぎましょうか?」
親切な方が、声を掛けてくださった。有り難いことです。
でも、エンジンはかからない。
「JAFにでも頼むしか・・・」
ああ、春の夜は冷える。身体も心も凍えそうです。心臓はパクパク。

JAFには入っていない。
幸いにも自動車保険の「安心電話対応サービス」の電話番号が見つかりました。

「60kmまで無料のロードサービスを手配させていただくことが出来ますが。」
ぜひお願いします。
「30分程度で到着出来るはずですが、道路状況によりましてはもう少し字間がかかることも
ございますので、ご了承ください。」
はい、はい、はい、はい。

15分もたたないうちに、ガレージが面する暗く細い道を、
真っ赤で大きなロードサービスの車が、シズシズとやってきました。

「○○モータースの、○○と申します。よろしくお願い致します。」
ぜひぜひ、よろしくお願い致します。
「かかりませんか?ちょっと見せてもらえます?」
「バッテリーじゃないとしたら。電気系統は、照明もついてますね。」

車のエンジンあたりを、のぞき込んで、コンコンコン。
ブルブルブルブルブル・・・・・かかった~!エンジンがかかった~!

「セルモーターが、固着してたみたいですね。」
説明してくださる○○さんの顔を、暗い街灯がホノカに照らし出し、
まるで「救世主」が舞い降りたかのようです。

なんか、ようわかりませんけど、嬉しい。私は、嬉しいです!

「救世主」の書類にサインし、救世主は来た時と同じように、静かに帰って行かれました。
というわけで、家に辿り着き、近所の居酒屋さんで酒を飲みました。
高ぶった気持ちは、先ほど食べた夕食を一挙に消化し、なんだかお腹が減りました。
あまりにビックリしたせいか、酔っぱらうのも早い・・・。
[PR]



by 66nobnob | 2012-04-16 10:18 | 日々

三畳一間で思うこと
by 66nobnob

カテゴリ

全体
京都
現代風俗
お店
建築
日々
未分類

最新の記事

かめ、かめ、かめ!
at 2014-04-26 17:04
首コルセット
at 2014-03-19 19:43
レコードプレーヤー
at 2014-02-03 13:43
今年最後の?Happy!
at 2013-12-31 13:20
鳥居本の柿
at 2013-12-13 16:43

検索

最新のトラックバック

タグ

ファン

ブログジャンル

画像一覧