建物探訪「月の桂」

なんだか「食べ物」のことを書くことが多かったですが、今回は建物です。

「月の桂」美しい名です。
桂の木に月がかかっているのでしょうか?桂の里に輝く月でしょうか?

鳥羽街道にある「月の桂」で有名な、西田徳兵衛商店さんを見学させていただきました。
いつも杉玉が軒先に吊ってある、街道の曲がりに沿って建つ鄙びた趣きのある建物です。
a0197078_17364411.jpg

車で前を通ることはありましたが、よもや見学の機会に恵まれるとは!

現社長である15代目(だったかな?)西田徳兵衛さんのご説明で、まずは事務所とご自宅
の入る母屋を見せていただきました。
昨年改修工事をされたそうで、その手の入れ方が、今回の見学の目的です。

おくどさんの残された土間も新調されて清々しく、舞良戸や障子・襖は、出来る限り温存されています。
傍らには試飲カウンターが設けられ(チェック!)
、素敵な酒瓶が並びます。
座敷に上がれば、襖の月を象った引き手が目を引きます。
床の間には、御祖父様が集められたという珍しい杯が飾られ、華やかな色を添えます。
建物が人を作るのか、人が建物を造るのか、お互いが高めあう歴史が感じられます。
a0197078_1810465.jpg



次は、道の向かいに建つ酒蔵へご案内いただき、酒造工程や、昔ながらの仕込み道具、
酒用米の話など伺います。
a0197078_1875240.jpg


麹菌の漂う、芳しい空間。

次第に私の歩みは軽やかになります。
仕込み中の樽の中を拝見すると、プツプツと沸き出すような・・・大理石のように円やかな白色です。
生きる美しさ。

最後に、やっぱり試飲させていただき、昼間からすっかりご機嫌さん!
素敵な建物に、素敵な酒が宿る。訪れる人は幸せになる。
最後はやはり味覚の話になってしまいました。

素敵な見学会でした。心から有り難うございました。
[PR]



by 66nobnob | 2011-02-13 18:20 | 建築

三畳一間で思うこと
by 66nobnob

カテゴリ

全体
京都
現代風俗
お店
建築
日々
未分類

最新の記事

かめ、かめ、かめ!
at 2014-04-26 17:04
首コルセット
at 2014-03-19 19:43
レコードプレーヤー
at 2014-02-03 13:43
今年最後の?Happy!
at 2013-12-31 13:20
鳥居本の柿
at 2013-12-13 16:43

検索

最新のトラックバック

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧